HOME > (株)ファームテック >施設部>事例紹介>総合豚舎事例・子豚舎事例 NOSAN
総合豚舎事例子豚舎事例鶏舎事例豚舎施設事例堆肥化装置事例  


(株)ファームテック
HOME
会社概要
企業理念
事業所紹介
採用情報
  養豚部
事業紹介(SPF豚)
種豚紹介
糞尿処理について
環境改善資材について
  施設部
サービス概要
取扱商品
事例紹介
  総合豚舎事例
  鶏舎事例
  豚舎施設事例
  堆肥化装置事例
リンク集
施設部
総合豚舎事例
豚舎外観
[左側:分娩室、右側:種豚室]
分娩・子豚室
操作盤及び管理通路

種豚室内部

分娩・子豚室 内部

 
総合除糞部  

概要
・稼動母豚120頭規模の一貫生産農場


特徴
種豚、分娩、子豚を一棟で飼育
肉豚は別棟
分娩、子豚室はウィンドレス、種豚室は開放式。但し、カーテンは断熱カーテン仕様。
分娩棚及び空調はヨーロッパ製(空調は、陰圧式)
暖房は、ボイラーによる床面給温及びデルタパイプ(天井下)方式
全豚房ともオールスノコ式
スクレーパーによる糞尿分離
水平・斜流コンベアによるタイヤショベル搬出
自動給餌機(種豚:単頭制限型、子豚:不断給餌型)

子豚舎事例
豚舎外観

豚舎外観

 
子豚室 内部  

概要
・稼動母豚180頭規模の一貫生産
・間口 9.84m × 長さ32.46m=319u+SR(6u)
・飼育頭数 子豚80頭/室×8室=640頭 (10頭/pen×8pen=80頭)


特徴
一週間単位のオールインオールアウト
前面管理通路(幅1.2m)、木造ウィンドレス仕様で、ピットはスラリーによる完全各室独立
柵及び空調システムはヨーロッパ製
暖房はボイラーによる床給温+子豚房は天井デルタパイプ給温
温度及び空調の制御は日齢、外気温を加味した自動制御


←HOMEに戻る このページのTOPへ↑
(株)ファームテックは、配合飼料メーカー日本農産工業株式会社100%出資のSPF種豚の生産会社として、南九州に立地し地元の九州から東北まで種豚の販売をしております。